不動産売却の際は、様々な税金が発生することをご存じでしょうか。いざ売却をする際に困らないためにも、課税される税金について知っておきましょう。大阪市西区の株式会社ライブスタイルは、不動産売却のご相談を承っております。相続した不動産の空き家対策や住宅ローンにお困りの方も、ぜひ株式会社ライブスタイルへご相談ください。

不動産売却をする際にかかる税金をチェック!

不動産売却と税金

不動産売却を行う際には様々な税金がかかるため、大阪市西区の不動産業者などにも相談しつつ、どれくらいの金額が必要となるのか、あらかじめ整理しておくと良いでしょう。

不動産売却の際は、以下のような税金が課税されますので、押さえておきましょう。

譲渡税

不動産売却の際には利益が出ることも多く、これを譲渡所得と呼びます。この金額に応じて所得税と住民税がかかり、2つの合計額である「譲渡税」が課税されます。

印紙税

不動産売買の契約書には、印紙が必要です。この印紙にも税金がかかるため注意が必要です。売買契約書は売主と買主とでそれぞれ必要となるため、この場合は印紙が2枚必要になると考えられますが、場合によってはコピーで済むケースもあります。

登録免許税

住宅ローンの残っている物件の売却を行う場合は、登録免許税という税金が課税されます。決済が行われる際には、住宅ローンを一括返済したうえで、抵当権の抹消手続きが必要となります。この抵当権抹消登記にあたって、登録免許税という税金がかかる仕組みです。

消費税

投資用マンションなどの売却を行う場合は、消費税が課税されるケースもあるため注意が必要です(通常、投資用マンションでない個人所有の不動産は非課税)。もし、不動産売却にあたって不動産業者へ依頼した場合は、仲介手数料にも消費税が課税されます。

譲渡所得税の計算方法

譲渡所得税の計算

譲渡所得税の計算方法は、以下のとおりです。

譲渡所得を算出する

課税額を知るためには、まず譲渡所得の算出が必要です。譲渡所得は、【物件の売却価格-(取得費+譲渡費用)】の計算式で求められます。

  • 取得費:物件を購入したときにかかった金額
  • 譲渡費用:不動産売却にあたって必要となった各種手数料(仲介手数料など)

物件の所有期間で課税額は変動する

譲渡所得には決められた税率をかけあわせ、最終的に譲渡所得税を算出します。ここで注意したいのは、譲渡所得税の税率は、どのくらい物件を所有していたかによって変動するということです。

所有期間が5年以内の場合は税率が上がり、所得税は30.63%、住民税は9%になるため、合計すると譲渡税の税率は39.63%という計算です。しかし、5年を超えて物件を所有していた場合は、所得税は15.315%、住民税は5%となるため、譲渡税は20.315%となります。

【大阪市西区】不動産売却には様々な税金がかかる!相続した物件の空き家対策や住宅ローンでお困りなら!

不動産売却には、譲渡税、印紙税、登録免許税、消費税など様々な税金がかかります。

また、不動産会社に仲介を依頼すると仲介手数料、引っ越し費用などもかかりますので、お金の計画は慎重に立てる必要があります。

大阪市西区で不動産売却なら、大阪市西区江戸堀の株式会社ライブスタイルをご利用ください。

税金対策に関してアドバイスさせていただきますので、ぜひご相談ください。

また、相続した物件の空き家対策や住宅ローンでお困りの方にも、お客様にとって最適なご提案ができるよう尽力いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。

大阪市西区で不動産売却のご相談なら株式会社ライブスタイルへ

会社名 株式会社ライブスタイル
代表取締役 鈴木 信英
設立 2020年(令和2年)2月3日
資本金 300万円
住所 550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀1丁目18−12 タマリスビル
TEL 06-6743-4811
FAX 06-6743-4812
メール info@livestyle-co.jp
WEBサイトURL https://livestyle-co.jp/
売却専用URL https://livestyle-baikyaku.com
営業時間 10:00~18:00
交通 大阪地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅から徒歩2分
事業内容 不動産売買・仲介・リフォーム・新築
免許番号 大阪府知事(1)第61714号
加入団体
  • (公社)全日本不動産協会・(公社)不動産保証協会
  • (公社)近畿地区不動産公正取引協議会